洗面所をスッキリさせる、おしゃれなバスタオル(青グラデーション)

部屋を快適に
07 /18 2017

最近、我が家ではバスタオルがとてもくたびれてきていて、そろそろ買い換えないといけないかなあと思っておりまして。
さて次のバスタオルはどうしよう、とぼんやりと探している真っ最中です。

前は無印のものを使っていて、色や値段的なところは気に入ってはいたもののあっという間にボロボロになっていくというかゴワゴワになりやすいなあと思っていました。

途中で今治タオルを買い足し、これはフワッフワで良い!と最初は思ったものの、フワフワなせいで吸水力に満足できず、しかもニオイもつきやすいことに気がついて、フワフワだけどフワフワなだけなのもなあ…(しかも値段も安いわけではないし)という結論に落ち着き…。
という経緯があります。

ある程度安くて、そこそこ柔らかく、何よりデザイン的に並べたり使ったりしてもテンションが上がるものを!(そしてできればニオイもつきにくいものが良いなあ)
という条件をあげています。

ただ、このあたりは感じ方にとても個人差があるものだし、事前にしっかりリサーチするにも限度があるというのも確か。
だからこそ、なかなか決められずに難航していましたが…。

やっと、納得できそうなものを見つけました。
それがこれです。


SCOPE house towel ブルーバスタオル

ずっと気になっていた、scope version.Rさんで見かけたバスタオルです。

続きを読む

スポンサーサイト

エコ掃除に挫折したアナタこそ使ってみてもらいたい、オキシクリーンの話

お掃除関連
07 /14 2017

最近、オキシクリーンが気になっています。

アメリカ生まれの洗剤だというオキシクリーンの中身はそもそも、酸素系漂白剤です。漂白剤だというとエコどころか強力すぎる洗浄力をイメージしてしまいますが、そんなことはないとのこと。

自然界に存在する炭酸水素ナトリウムと炭酸ナトリウムを組み合わせた時に生まれる酸素の発泡パワーで汚れを浮き上がらせて落とすという仕組みなので、ちゃんと自然派素材の洗剤に分類されます。

ただ、日本版か海外版かで成分の構成が違っているのが注意するポイント。
海外版には界面活性剤が含まれていますが、日本版であれば界面活性剤もちゃんと無配合。香料も含まれず、ちゃんとやさしいエコ洗剤のままで使えるようになっています。

こちらが日本製↓
【特典付・予約受付中 ※配送日時指定不可】日本版・オキシクリーン(1.5kg) 酸素系漂白剤【洗濯 洗たく 粉末洗剤 洗剤 oxyclean oxi clean 大容量 1.5 1.5kg 1500 1500g 掃除 洗濯槽 洗濯槽クリーナー】

続きを読む

果物入れや洗面所で使いたい!洗えるカゴ(北欧風なデザイン)

部屋を快適に
07 /13 2017

以前から洗えるかごはいくつかありましたが、なんだかいかにもなデザインでストローっぽかったり色に不自然さを感じたりで決め手に欠けるなあ、と思っていました。

でも、ついにちゃんとカゴっぽくでデザイン的にも良いな!と思える洗えるかごを発見しました。


Timb. 洗えるカゴ S/ティム

籐の籠とはちょっと違うものの、木っぽくて北欧風なデザイン。これは良いな!と一目惚れしました。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。